ヒトから人類への道のり Human Creation


ヒトから人類への道のり

 

  1000万年ほど前、地球の気候は寒冷・乾燥期に入り、その結果約260万年前から氷河期が始まった。
その結果起こったことの一つとして、北アフリカの熱帯雨林が縮小し始め、まず開けた草原に置き換わり、ついには砂漠(現在のサハラ)になった。
  これは樹上生活をする動物に対し、新しい環境へ適応するか、死滅するかを迫るものだった。彼らの環境が一面の森林から、ひらけた平地で隔てられた継ぎはぎ状の森へ変わってゆくにつれ、一部の霊長類は部分的もしくは完全な草上生活へと適応した。
  ここに至り、彼らはそれまで無害だったライオン・トラなどの捕食者と直面することになった。
一部のヒト亜族(アウストラロピテクス、Australopithecus)は、胴体を地面と垂直に保持し後ろ足で歩くという直立二足歩行を身につけることによってこの困難に適応した。
  また前足(腕)が歩行動作から自由になり、食物を集めるといった動作に手を使えるようになった。ある時点で、二足歩行の霊長類は利き手を身につけた。
  これにより彼らは棒、骨、石を手に取り、それを武器にしたり、小動物を殺したり、ナッツを砕いたり、死体を切り刻んだりする道具として使うことが可能になった。
  言い換えれば、それらの霊長類は技術の使用を発達させた。二足歩行し道具を使う霊長類はヒト亜族を形成し、サヘラントロプスのようなその最も初期の種は700-500万年前頃に存在した。
  そして最も肝心な事は、直立二足歩行を行う事によって、頭部が胴体の直上に位置するようになった事である。これにより頭部の姿勢が極めて安定し、他の四足歩行の動物と比べ、体躯に比して極めて大型の頭部を支える事が可能になった。ひいては、他の動物に比べてより大型の脳を持つ事を可能にしたのである。
  その結果、約500万年前からヒト族の脳は大きさと機能分化の両面で急速に発達し始めた。

アウストラロピテク発掘マップ  約440万年前のエジプトの地層から類人猿と分かれて直立二足歩行したラミダス猿人(ramidus、アルディピテクス族、genus Ardipithecus)の化石が発掘され、その後ラミダス猿人の亜種は約580万年前までさかのぼることが判明した。ラミダス猿人の次にアウストラロピテクス(Australopithecus)が登場する。

  アウストラロピテクスは、アフリカで生まれた初期の二足歩行の人類であり、約400万年前 - 約200万年前に生存していた猿人である。身長は120cm台 - 140cm台くらいで、脳容積は現生人類の約35%の500cc程度であり、チンパンジーとほとんど変わらないが、骨格から二足歩行で直立して歩く能力を持っていたと考えられている。

  アウストラロピテクスは、発見地層の年代により、まず約440万 - 約390万年前にアウストラロピテクス・アナメンシス(Australopithecus anamensis)が、約390万 - 約300万年前にアファレンシス(Australopithecus afarensis)が現れ、約330万 - 約240万年前にアウストラロピテクス・アフリカヌス(Australopithecus africanus)に進化したと思われる。
   アウストラロピテクス・アフリカヌスの頭蓋骨には人類と同じ直立二足歩行の姿勢であったことを示す位置に脊柱とつながる穴(大後頭孔)があった。姿形は直立したチンパンジーというイメージである。 この属からパラントロプス(Paranthropus、東アフリカと南アフリカに生息していた化石人類で、発達した顎と側頭筋を持ち、堅い食物を摂取する)と、ホモ(ヒト属)最初の種ホモ・ハビリス(Homo habilis)に進化したと考えられている。

  パラントロプスは約100万年前にすべて絶滅してしまい、肉食による動物性タンパク質の摂取によって脳を発達させ、石器を活用した猿人系統のホモ・ハビリス(脳容積は600mlあって、チンパンジーの300-400mlよりはるかに大きい)が現在の人類に続いている。

  240万年前までにはこのホモ・ハビリスが東アフリカに出現した。これは知る限り最初のヒト属であり、初めて石器を作った人々でもある。

ホモ・ハビリス(Homo habilis)
  240万年前から140万年前まで存在していた、ラテン語で「器用な人」の意味を持つヒト属の一種。
1964年 タンザニアで化石が発見された、現在分かっている限り最も初期のヒト属である。容姿はヒト属の中では現生人類から最もかけ離れており、身長は大きくても135cmと低く、不釣合いに長い腕を持っていた。

  ヒト科のアウストラロピテクスから枝分かれしたと考えられている。脳容量は現生人類の半分ほどである。
  かつては初期型ホモ・エレクトスへと繋がりがある現生人類の祖先と考えられていたが、2007年ネイチャー誌上で両種がおよそ50万年以上に渡って同時期に存在していたとする記事が掲載された。この発見を発表したグループによると、ホモ・ハビリスはホモ・エレクトスとは共通の祖先から枝分かれし、現生人類へと繋がる事無く絶滅した種であるという見解を示している。

   地質年代の第四紀は、ホモ・ハビリスに代表されるヒト属の出現を基準に、地質層序や気候変動を併用し開始年代が決定されている。

脳容積の巨大化

  前足(腕)が歩行動作から自由になり、食物を集めるといった動作に手を使えるようになり、ある時点で、二足歩行の霊長類は利き手を身につけた。その利き手に棒、骨、石を握り、それを武器にしたり、小動物を殺したり、ナッツを砕いたり、死体を切り刻んだりする道具として使うことが可能になった。

  このような、道具の使用は進化の上で決定的な利点をもたらし、その作業(道具の使用)で要求される巧みな手の動作を調和させるために、より大きくかつ洗練された脳を要求した。前述の通り、 直立二足歩行を行う事によって、ヒト属は脳の巨大化を可能とした。しかし脳の巨大化という進化は、初期の人類にある問題をもたらした。  

  すなわち大きな脳には大きな頭蓋骨が必要であるため、新生児の大きくなった頭蓋骨を通すために、より大きな産道を女性は持つ必要が生じた。しかし女性の産道があまりに広くなりすぎると、彼女の骨盤は広くなりすぎ走れなくなってしまう。走る能力は200万年前の危険な世界ではまだ必要だった。

  これの解決法は、頭蓋骨が大きくなりすぎて産道を通れなくなる前、胎児の発生の早い段階で出産してしまうというものだった。 この適応により、人間の脳は増大し続けることが可能になった(しかし適応は十分とは言えず、産道を無事通る事ができない事例がしばしば生じた。現代に至って、多くの人間が帝王切開により生まれている)。

  しかしそれにより、新しい試練も課されることになった。未熟な段階で子供が生まれる事によって、その子供が成熟するまで、長期間にわたり世話しなければならなくなった。 

  さらに直立二足歩行という、高度な身体能力が求められる歩行方法は、習得するに長期間の訓練が必要である事も、子供を世話する時間の長期化の原因となった。 
  それにより女性は子供の世話を行なえるが、男性は食物を狩ったり、食物源(猟場)をめぐり対立する他集団と争ったりした。結果として、人間は他の動物や人間と争うために、より道具の作成に依存するようになり、体格や体力に依存しなくなった。

ヒト属による単発的な火の使用

  ヒト属による単発的な火の使用開始時期は、170万年から20万年前までの広い範囲で説が唱えられている。最初期は、火を起こすことができず、野火などを利用していたものと見られるが、日常的に広範囲にわたって使われるようになったことを示す証拠が、約12万5千年前の遺跡から見つかっている。

   しかし、石器時代のような極めて古い遺跡の発掘作業において意図的に火を起こして使っていたかを調べるのは非常に困難である。小規模な火の跡は風雨にさらされるなどして証拠が遺物として残らない場合があるし、一方で、化学反応、火山活動、落雷などによる自然発火・加熱現象があるためである。また、洞窟などは風雨に晒されにくいため、火を使った跡が比較的残りやすいが、古代人が住んだ洞窟は石灰岩など浸食されやすい石でできている場合が多く、確実に遺跡が残るとは限らないからである。

  人類の最大の特質は発声によるコミュニケーションである。しかしこの特質をヒトがいつ獲得したのかについては諸説ある。 
  まず、初期のヒト属(250-80万年前)に言語を扱う能力が見られるとした説がある。
  また解剖学的に、350万年前ごろのアウストラロピテクスにおいて発達した二足歩行という特質が頭蓋骨に変化をもたらし、声道をよりL字形にしたと信じている学者もいる。
  頸部の比較的下の方に位置する声道や喉頭といった構造はヒトが作り出す多くの音声、特に母音を作るうえで必須な必要条件である。喉頭の位置に基づいて、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)ですら現生人類が作り出す全ての音を完全に出すのに必要な解剖学的構造を持っていないと信じている学者もいる。さらに別の考え方では、喉頭の位置の低さは発声能力の発展とは無関係だとされる。
   また原始的なコミュニケーションの形式を「原言語(proto-language)」という術語で定義することもある。大型類人猿の言語と完全に発達した現生人類の言語との間のどこかに位置する、言語の進化の一段階のことである。この考えを提起する学者は、そういった原言語の最初の発生は初期のヒト属の出現に伴って起こったと考えている。
   L字形の声道のような解剖学的特徴は突然現れたのではなく徐々に進化してきた。そのため、更新世初期の現生人類が持っている形式と霊長類が持っている形式の中間に位置するなんらかの形式のコミュニケーションをホモ・ハビリスやホモ・エレクトスが有していた可能性が最も高い。

ホモ・エレクトス
   ホモ・エレクトス(Homo erectus)またはホモ・エレクトゥスは、更新世に生きていたヒト科の一種である。かつてはピテカントロプス・エレクトスと呼ばれていたが、現在はホモ属(ヒト属)に含められている。
   形態的特徴として、身長は成人男性で140cm~160cm、体重は同50kg~60kgと現代人よりかなり小柄でがっちりしているが、頑丈型と華奢型が存在していた。体毛は濃く、背中までびっしり体毛が生えていたと思われる。体色は黒色、体毛も黒色と考えられている。 頭部はホモ・ハビリス種に比べ額の傾斜がゆるく、大きな頭蓋の容量を持つ。脳容量は950ミリリットルから1100ミリリットルで、現生人類の75%程度。また、歯はより小さく、現代人に近い。行動面では、それ以前の人類よりも精巧な石器を作り、使用していた。
  ホモ・サピエンスとホモ・エレクトゥスは数万年同時に同地域に暮らしていたと考えられるが、彼らの遭遇は極めてまれであったと考えられる。ともにハンターとして獲物を追ってアフリカを出たが、約9万年前当時の人口は、たとえば広いインド全体でもサピエンス数百人、エレクトゥス数千人とする研究もある。
  これは、たとえば北海道の山奥で希少種である雷鳥に遭遇する程度の可能性と言える。しかし、獲物が競合するホモ・サピエンスとホモ・エレクトゥスは、互いに争うことはなくても、狩猟技術の進んでいたホモ・サピエンスが圧倒的に生存に有利であったため、数万年をかけて両者の地位は逆転し、やがて、各地でホモ・エレクトゥスは主に飢餓により絶滅に向かっていったと考えられる。
   2015年現在化石として見つかっている地域はインド、インドネシア、中国北部、シリア、イラクなどで、いずれも当時の沿岸部から20km以内の地域である。そのため、約50万年前にアフリカを出発してから主に海岸を通って分布域を拡大したと思われる。
   アフリカを出た理由は当時の地球寒冷化による故地の乾燥化が主な原因で、氷河期の海退でスンダランドとなったジャワ島まで到達している。これらから推測される最大の分布域は東アフリカから地中海沿岸の中東、ペルシャ湾岸からインド、インドシナ、インドネシア、中国の遼東半島までの沿岸部と思われる。
   彼らは約20万年前には中東地域でホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人、Homo neanderthalensis)との生存競争に敗れて絶滅し、約7万年前にはホモ・サピエンスとの生存競争に敗れて他の地域でも絶滅したと考えられている。

ホモサピエンスの出アフリカ

  現生人類のホモ・サピエンスは、ミトコンドリアDNA分析の結果から約20万年前のアフリカで生まれたとされる。
  ホモ・サピエンスは厳しい氷期の気候にも適応して、世界各地に生存領域を広げていった。ホモ・サピエンスは約10万年前にアフリカを出て中東に達し、北のヨーロッパへ向かったグループと、東に向かったグループに分かれた。東に向かったグループは南アジアを進み、インドネシアの島嶼伝いにオーストラリアに達し(約5-6万年前)有袋類のみの世界であったオーストラリアを改変した。インドから東へ向かったグループは中国を経由してシベリアには約2.5-3.5万年前に到達、更に氷河に覆われたベーリング海峡を渡って約1万3千年前には北アメリカに到達した。
   集団で効率的に狩りをするホモ・サピエンスは地上で最強の狩猟者であり、多くの動物を狩猟の対象とした。多くの大型動物が約1万年前に絶滅したが、丁度氷期から間氷期に移行する時期に相当し、気温の変化により植生が変わって食物等がなくなって絶滅した種もあるが、人類によって滅ぼされた種もあると見られている。最近数百年間でもドードーやステラーカイギュウなどのように人類によって短期間に狩りつくされた種がある。

ホモサピエンスの拡散ルート

旧石器時代
ホモ・ハビリスなどヒト科による石器(打製石器)の使用が始まった時代で、石器時代の初期・前期にあたる。年代的には200万年前に始まる。旧石器時代は石器の出現から農耕の開始までの時代(完新世)をさす。人類の生きた最古の時代である旧石器時代の人口推定値が、研究者によって算定した基準の違いがあるが、発表されている。 旧石器時代前期(400万〜20万年前)12万5千人、同中期(20万〜4万年前)100〜120万人、同後期(4万〜1万3千年前)220〜300万人。石器の形状や用途によって、

  • 前期旧石器時代(Lower Paleolithic/Early Stone Age、約260万年前 - 約30万年前)
    ハンドアックスがひろく用いられた時代。この時代の人類はホモ・ハビリスおよびホモ・エレクトスが主流であった。主な遺構として、
  •   -オルドワン石器文化(約260万年前 - 約180万年前)アフリカの大地溝帯(オルドヴァイOlduvai峡谷など)やアジア各地で発掘される堅いハンマーで打撃を加えて製作された剥片やチョッピング・ツールを特徴とする石器文化。
  •   -アシュール文化(仏)(約170万年前 - 約10万年前、Acheuleen, French)フランスのサン・タシュールSaint-Acheul遺跡を標準遺跡とする前期旧石器時代の先史文化。ヨーロッパ,アフリカ,西南アジア,中国に広く分布する。ヨーロッパでは70万年前,東アフリカでは140万年前に起源をもつ。ハンド・アックスを主とし,大形の刃器,各種の剥片(はくへん)石器を伴う。
  •  
  • 中期旧石器時代(Middle Paleolithic/Middle Stone Age、約30万年前 - 約3万年前)
    剥片石器が出現した時代。ネアンデルタール人が広がった。極東アジアの中期石器文化の特徴から、ヨーロッパから来たネアンデルタール人に依ったものではなく、アジアの原人から進化した古代型新人によって形成された可能性が大きいとされる。
  •   -ムスティエ文化(約30万年前 - 約3万年前)フランス西南部のル・ムスティエ (en) の岩陰でネアンデルタール人の人骨と化石が共伴して発見された。
  •   -アテリア文化(北アフリカ-オマーン(約8万2千年前)
  •  
  • 後期旧石器時代(Upper Paleolithic/Later Stone Age、約3万年前 - 約1万年前)
    石器が急速に高度化、多様化した時代。このような技術革新の原動力を言語に求める説もある。クロマニヨン人(ホモ・サピエンス)が主流となり、他の化石人類は急速に姿を消した。
  •   -バラドスティアン文化(イラン・イラク)
  •   -シャテルペロン文化
    西ヨーロッパ後期旧石器時代初期の約3.6万年前から3.2万年前に栄えた文化。フランス、アリエ県のシャテルペロン洞窟。ネアンデルタール人が営んだムスティエ文化とクロマニョン人が営んだオーリニャック文化の狭間となる文化で、このシャテルペロン文化の終焉を以てネアンデルタール人の消滅とする説がある
  •   -オーリニャック文化(Aurignacian)
    フランス・ピレネー地方を中心とする地域の旧石器時代後期に属する一文化。ヨーロッパにおいて更新世の最後の氷河期である第4氷期の第1亜間氷期から第2亜間氷期まで続いていた。

  耕作の発展によって開始した石器時代の最後の部分とされる時代である。定義としては完新世に属すること、文化には精巧に制作された打製石器や磨製石器が確認されていることがあり、必ずしも農耕の開始と関連付けるものではない。ただし、西アジア、ヨーロッパ、中国では農耕や牧畜が始まった時期と当てはまり、最古のものは紀元前8世紀、以降でも紀元前6世紀から5世紀までは遡ることができる。アメリカ大陸では紀元前4世紀から中央アメリカやアンデス山脈などで農耕の開始が確認できる。


  新石器時代の文化は紀元前8500年頃、レバント(エリコ、パレスチナ)に現れる。
それらの地域は、亜旧石器時代のナトゥーフ文化(Natufian culture)の影響を直接受けて発展した。ナトゥーフ文化は、野生の穀物の使用を開拓し、それは現在の耕作に発展する。従ってナトゥーフ文化の人々は「プロト新石器時代」(紀元前11000年頃 - 紀元前8500年頃)と呼ばれることがある。

  ナトゥーフ文化の人々は食事をで採集した穀物に依存し、定住生活を始めていたので、ヤンガードリアス(解氷期の温暖化の中で突然寒冷気候が発生する)と関連した気候の変化は、食料の確保のために農耕を発展させることになった。

  紀元前8500年から紀元前8000年ごろに、耕作のコミュニティは肥沃な三日月地帯の西半分にあたるレバント地方で作られ、アナトリア、北アフリカ、および北メソポタミアに広がった。シリアのテル・アブ・フレイラ遺跡(13050BP, 紀元前11050年頃)では最古級の農耕の跡(ライムギ)が発見されている。

  新石器時代の前期には、一粒小麦、ミレット、スペルト小麦の農耕、ヒツジ、およびヤギを含む、狭い範囲の野生、あるいは家畜の牧畜であった。紀元前7000年頃には、新石器時代はウシとイノシシ属の家畜化、恒久的にまたは季節的に居住する場所の設立、陶器の使用を含んだ。

地域性と進化の特殊性


  新石器時代に特有なこれらの文化的な要素のすべてが同じ順序で出現したわけではない。

これらの地域では、農業は始まっているにもかかわらず土器が出現していない。最も早い近東の農耕社会は陶器を使わず、ブリテン島では新石器時代の最初期においてどの範囲の植物が穀物化されたか、あるいは恒久的に定住されたコミュニティが存在していたかどうかですら不明瞭である。

  磨製石器があるが農業はみられない、アフリカ、インド、および東南アジアなどの世界の他の地域とは異なる家畜化の事象は、ヨーロッパと南西アジアのそれらから完全に独立しレバント地域に特有な新石器時代の文化をもたらしていた。

  日本では中石器時代において陶器を使った。 新石器時代には、農耕や牧畜の開始によって社会構造が変化し、文明の発達が始まったことから、一連の大変革は新石器革命(Neolithic Revolution)とも呼ばれる。

中国における新石器時代
  中国でも、ヨーロッパで確立された遺物考証的な考古学方法論は、近年盛んになってきているが、南部での多湿、北部での戦乱などで散逸している遺跡も多い。
  しかしながら重要な発見も相次ぎ、最古の水稲栽培が確認された長江中流域の彭頭山文化の発祥は紀元前8千年紀にまで遡り、稲籾が見つかった玉蟾岩遺跡は紀元前1万4000年前まで遡る可能性がある。現在の時代同定ではこれらの長江文明は黄河文明や遼河文明より数千年は先んじている。
   DNAの研究からは、紀元前10世紀頃の殷から周への政変の混乱を避けて海洋に逃れた人たちが日本へ漂着し、彼らは渡来人として同時に稲作を中心とした弥生文化を伝えていったとし、後の日本とは重要な関わりがあったとする考え方がある。

 

The Mother EARTH
QNOUGUI Labo. of Human Studies
地球史倶楽部


地質時代に見る生命の歴史


ヒトから人類への道のり


日本の黎明期


稲作と日本人